安心・安全なベビーフード!通販で買うとよりお得になる?

>

市販のベビーフードのメリット・デメリット

手間がかからないのが強み

ベビーフードの手作りが大変なのは理解出来ましたが、わざわざ市販品を購入するメリットは何でしょうか?まず手間がかからないので共働きや、遅くなってしまった時もすぐに食べさせる事が出来るのが強みです。

シングルで育てている方もいるので、食事の手間が少し省けるだけでもずいぶん違います。心身共にストレスが溜まると赤ちゃん・親御さん両方に良くありませんので「完全手作りしなきゃ!」とプレッシャーをかけて追い込むのはNGです。

レトルトや粉末タイプはある程度保存が利くので、時間帯を気にせず与えられるのもメリットといえるでしょう。普段使わない食材など赤ちゃんに色々な食材を食べて欲しい場合も、市販のベビーフードに分があります。

ある程度のコストがかかる?

いつでもすぐに作れて栄養バランスも良く、赤ちゃんが好んで食べられる様に研究されているベビーフードですが、購入する為には一定のコストが発生します。完全手作りと比べるとやや高額になり、且つグレードの高いベビーフードだと負担になる可能性もゼロではありません。

安価なベビーフードもありますが、それでもコストがかかるのでネックといえます。赤ちゃんに出来るだけ添加物を与えたくない場合は成分表を確認し、問題ないものを選択しなければならないので面倒だと感じる事もあるでしょう。

添加物を全て掲載する義務が無いので、アレルギーを持っている赤ちゃんに与える時は注意が必要です。これらのデメリットを防ぐには信頼出来る企業から購入して下さい。


この記事をシェアする