安心・安全なベビーフード!通販で買うとよりお得になる?

>

乳幼児の食事の歴史

自分で作っている方は少数派?

赤ちゃんは私達の様に自分で食べたいものを指定したり、作ったりする事は出来ません。また大人と赤ちゃんでは摂るべき栄養素も違うので食事の際は気をつける点が多くあります。また歯も生えてきたばかりなので柔らかいものしか食べられないので、大人とは別にメニューを作らなければなりません。

自分でベビーフードを作っている親御さんもいますが、完全に手作りをしているのはほんのわずかです。近年では共働きが一般的で、仕事が終わって帰宅してからだと体力が持たない。疲れきって手作りでベビーフードを作る時間がないというのが大きな理由です。

少しでも余裕があるのであれば、お子さんと一緒に遊んだりコミュニケーションを取ったりしたいという声も多いです。

意外と手間の多いベビーフード

実際にベビーフードを手作りした事のある方であれば、理解していると思いますがこれらの食事はかなり手間がかかります。別の項目でも説明した様に大人と同じものを食べられないので、必ず柔らかくしなければなりません。食材によっては長時間煮込む必要があるもの。ケースによってはミキサーなどでペースト状にする事もあります。

その上で栄養バランスを整える。更にははちみつを含む月齢によって与えてはいけない食材を除去するなど工程は数多くあります。せっかく作ったベビーフードも赤ちゃんの好みによっては食べてくれない事もあるでしょう。

これらを踏まえても市販のベビーフードは赤ちゃん、親御さんにとって嬉しい食品といえるでしょう。


この記事をシェアする