安心安全な離乳食やベビーフードを通販で購入するには

安心・安全なベビーフード!通販で買うとよりお得になる?

自分で作っている方は6割?

多くの親に取って子供の健やかな成長は嬉しいものであり、且つその健やかな成長を見守る為にサポートするのが親の役目を言われています。赤ちゃんは自分では何も出来ないので、親御さんが衣食住を揃えた上で育てていかなければなりません。特に食事は血肉になるので、栄養バランスを考えた上で赤ちゃんにあげなければなりません。

今でこそ離乳食やベビーフードは身近なものですが、その言葉が出来たのは何と1980年代とかなり最近なのです。海外では1966年にオートミールを使った離乳食やフードを与えていましたが、国内では1歳になるまで母乳や粉ミルクで育てるのが一般的でした。

粉ミルクに関しては1800年代に登場し、日本に渡ってきたのは1917年です。それまで母乳オンリーであったので、うまく母乳が出ない場合は死活問題に繋がりました。仮に母乳が出ない場合は他の乳母にお願いする。または重湯や米のとぎ汁を与えるケースもありましたが、栄養バランスは母乳に程遠く低栄養状態になる事もありました。

明治時代になると牛乳が輸入されましたが、衛生状態が確立していなかったので腐敗したものが混じりそれによって命を落とす赤ちゃんも大勢いました。戦後、様々な医師や研究者が心血を注ぎ乳幼児の栄養失調や疾病について研究し出来たのが粉ミルクです。今でこそ当たり前に購入出来る粉ミルクや離乳食は、当時の人から見ると夢の様なアイテムです。これらを上手に活用して赤ちゃんの健やかな成長をサポートしましょう。